トップ

ネットカフェで寝泊まり

ネットカフェで暮らす

人気

ネットカフェ難民という実態

ネットカフェ難民とは、おもに日雇い労働者や非正規雇用などで働いているために、貯蓄といった金銭的な余裕がなく、寝泊まりをしている人たちのことです。住居や住所がないために、一種のホームレスに分類されますが、インターネットもできるうえにフリードリンクサービスもあり、寝泊まりもできてシャワーも利用可能なために、ネットカフェ利用者も大勢います。他にも似たようなケースとしてファーストフード店やカプセルホテル、漫画喫茶などを利用する人もいます。年齢的には就職氷河期の煽りを受けた世代が多いですが、リストラを受けた中高年世代や若い女性なども多く存在しています。とくに女性は貧困女子とも呼ばれ、状況的に深刻度が高いとされています。

難民が増えている現状

ネットカフェ難民は、世代を問わず増えています。理由として挙げられるのは、お店のサービスが多様化してきたことです。現在、低価格で軽食を提供してくれるサービスや、追加料金を払ってシャワーを利用できるお店がほとんどです。シャンプーとトリートメント、ボディーソープも完備されています。毛布やスリッパの無料貸し出しを行っている店舗もあります。このようなサービスが充実することで、何日もネットカフェで寝泊まりすることが快適になってきています。テレビやDVDやインターネットがいつでも観られて退屈もしないので、自宅があっても滅多に帰らない難民も多くいます。

素敵ネットカフェ情報

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright ネットカフェで寝泊まり. All rights reserved.